『インナーマッスルを鍛えると良い』と聞くことがありますが、インナーマッスルとアウターマッスルはバランスよく両方とも鍛えるのが大切です。

2種類の筋肉の特性について

インナーマッスル・・・赤筋、持久性に優れている、不随意筋
アウターマッスル・・・白筋、瞬発性に優れている、随意筋

インナーマッスルとアウターマッスル、それぞれ特性が異なりインナーマッスルは持久力に優れていることから、トレーニング効果を得るためのポイントとしては低負荷でゆっくりと鍛えていくことがポイントです。一方、アウターマッスルは瞬発性に優れていることから、高負荷・短時間のトレーニングメニューが効果を得やすいと考えられています。

パーツごとに意識して鍛える!

腹筋を鍛えると一言で言っても腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋と様々な筋肉があります。皆様が腹筋と聞いてまず想像するのは、6つに割れている腹直筋だと思います。腹直筋だけ、腹横筋だけ、アウターマッスルだけ、インナーマッスルだけではなく、満遍なくアプローチして鍛えていくことが1番健康的で且つ見た目も美しくなるポイントです。

アウターマッスルを鍛えるメリット

ダイエット・美容 = インナーマッスル と思ってしまっている方もいるかもしれませんが、アウターマッスルもダイエット・美容に欠かせません。まず随意筋(脳で意識して動かせる筋肉)であるアウターマッスルの質を向上することでトレーニングのレベルに差が出てきます。できる動きが増えれば楽しくトレーニングできますよね。浅層の筋肉を鍛えることで見た目、身体のフォルムをより美しく仕上げます。

インナーマッスルを鍛えるメリット

基礎代謝アップ・腰痛予防・姿勢が美しくなるなど、鍛えるメリットが多いインナーマッスル。アウターマッスル同様に美容や健康改善を目指す方は絶対に鍛えておいた方が良いかと思います。筋持久力が上がると疲れにくくなり日常生活にもメリットを感じられる他、骨盤矯正した後の保持にも関係してくるため、腰椎(下部)にかける負担が減少し、腰痛症状をかかえているような人が楽になるということもあります。

健康と美しさと両面でアプローチできるように体幹ヨガのポーズやトレーニングを考えて、これからもみなさんにお伝えしていきたいと思います^_^